Notes

PIXARの分散レンダリングシステムTractorの設定ノート。

Tractorは1ライセンスあたり16,000円くらいで買えて割安なのと、APIも充実しててカスタマイズが容易。ただそのメリットの反作用で(RenderMan Studioと組み合わせれば楽なのでしょうが)、それ以外のアプリケーションだとちょっと面倒。

Deadlineとか様々なアプリケーションのプラグインが用意されてて魅力的なんだけど、ライセンス料が25,000円かかるのと.NET Framework互換ライブラリを要求されるのでやめました。Windows環境中心ならDeadlineにしたと思うんですけど。


Pixar - Tractor
https://renderman.pixar.com/view/pixars-tractor

とりあえず夏のプロジェクトまでに安定動作させたいということで、ぼちぼちノート取りつつ設定・検証作業していきます。


以前の記事に入れようと思って忘れてましたので、結果だけ掲載しておきます。


P1050532.jpg Skull Canyon用にStarTech.comのThunderbolt3 -> 2アダプタを買ってみました。Thunderbolt3がWindows PC界隈で普及し始めたんですけど、業務用機器だとやっぱみんなApple待ち状態でThunderbolt2が主流なので。


P1050493.jpg 前回「Intel NUC6i7KYK Skull Canyon買ってみた」からの続き。


P1050491.jpg Mac miniがクアッドコアをラインナップからはずし、メモリも16GB固定(文字通りマザーボードに)という有様で、到底買う気になれずにいたねすが、うっかりIntelのNUCに手を出してしまいまして...


Googleに買収されて、GoogleCloudPlatformの一員となったZYNCを試用しはじめて2ヶ月目に突入しました。1ヶ月以上使ってみた感想などを書いてみたいと思います。


およそ1年前にGoogle AppsをVFXのプロジェクトで使うというのを始めて1年弱。もう最近ではGoogle Appsなしではやってられないくらいにどっぷりです。


L'espace VisionさんがFastCopyのMac移植版「RapidCopy」を正式リリースしました。AppStore経由で購入できます。

RapidCopy
https://itunes.apple.com/jp/app/rapidcopy/id975974524?mt=12

FastCopyから更に使いやすくなるよう独自の機能追加も行っています。


IMG_5049.jpg 今は3月中にいくつかの案件の納品が控えていて、あまり手をつけられていないのですが、次のプロジェクトからGoogle Appsをプロジェクトの進行管理に使ってみたいと思い少し下準備をしています。とは言え本当に忙しいのでここのとこ放置ですけど。

VFXに特化したプロジェクト管理システムとしてはftrackやSHOTGUNがあり、サポートされているアプリケーションとの連携などを考えればそれらを使用するのがいいのでしょうが、現実的にはかなりの金額がかかってしまいます。


OpenEXR v2.2.0リリース

August 18, 2014
OpenEXR v2.2.0がリリースされました。

OpenEXR Announcement
http://www.openexr.com/index.html#announ

上記アナウンスの抄訳を以下に引用したします。


<< 1 2 3 4 5 6

« Movies | Top | Archive



After Effects Script Reference
After Effects スクリプトリファレンス公開中です。[関連記事]
After Effects NEXT LEVEL : 豊富な作例で学ぶ映像制作プロテクニック [広告]私が資料提供させていただいてる書籍「After Effects NEXT LEVEL : 豊富な作例で学ぶ映像制作プロテクニック」佐藤 智幸 (著): ボーンデジタル(刊)発売中です。[ 関連記事]





follow us in feedly

Ads